十人十色のお産塾|エアリコベビー公式


アカウント


カート

2021.07.24 / 抱っこ紐コラム

知ってる??多くのママがセカンド抱っこ紐を持っています!!

知ってる??多くのママがセカンド抱っこ紐を持っています!!


エアリコのサポートスタッフの後藤です!
先日の撮影会で、ママたちの生の声を久々に聴き『セカンド抱っこ紐を持っているママたちが多い!』ということに気がつきました。
今日は、育児と抱っこがもっと楽しくなる!お出かけしたくなる!!楽しく育児ができるブログを書きますね♪

抱っこ紐は、1本あれば十分!!って思っていませんか?
たくさんの種類があって、どの抱っこ紐がいいのか迷ってしまいますよね!

セカンド抱っこ紐ってなに??

そもそも、セカンド抱っこ紐ってなんなのでしょう??
抱っこ紐は、大きく分けて2種類あります^^

1.キャリータイプ(多機能タイプとも呼ばれて)
2.コンパクトタイプ(1つの抱っこに特化したタイプ)

【コンパクトタイプ】が【セカンド抱っこ紐】です^^

では、それぞれの特徴を確認していきましょう!!

抱っこ紐の特徴

1.キャリータイプ

多くのママが最初に手に取るのは、キャリータイプが多いです。
サイズ調整ができパパと兼用可能!
そして、たくさんの抱っこができるお得感♪

しかし、ママたちの声から『1人で装着ができない!』や『装着に時間がかかる』、『持ち運びに不便』などがあります。

2.コンパクトタイプ

1種類の抱っこに特化しているため機能面は抜群です☆
ただ、サイズ調整ができないため、兼用ができません。
しかし、『持ち運びに便利☆』や『抱っこがラク!!』というコメントをたくさんいただいています^^

抱っこ紐を使い分けよう!!

どうして、多くのママがセカンド抱っこ紐を持っているのでしょうか?
それは、日常生活でママが赤ちゃんを抱っこするシーンがとても多いから。
そのため、1人でも簡単に装着ができることってとても大切なんです。

日常には、『ちょっとしたコト』がたくさんあります。
・ちょっと買い物に
・ちょっとお散歩に
・ちょっとお迎えに
などなど、この『ちょっとしたコト』にセカンド抱っこ紐は、便利なんです^^

また、『抱っこじゃないと、赤ちゃんが寝ない~!!』との声もよく耳にします。
そのときも、セカンド抱っこ紐の出番!!
抱っこの負担もなく、赤ちゃんがすぐ寝てくれる抱っこ紐だとママの自由時間ができますね!

そして、ママ一人で両手がふさがってしまうようなときは、キャリータイプの出番!!
生活シーンに合わせて、抱っこ紐を使い分けることがとても大切なんです^^

セカンド抱っこ紐は長く使えるものを!


キャリータイプと同様に、セカンド抱っこ紐もたくさんの種類があります。
赤ちゃんが歩くようになったら、抱っこ紐は不要になるし。。。って思っていませんか?

赤ちゃんが歩くようになってからの方が、コンパクト抱っこ紐の出番が多いんですよ!
歩くようになっても、赤ちゃんの体力は全くありません。
また、帰りのことなんで考えず、全力で遊びますwww
そのため、帰りは歩けず、眠くなり愚図り始めることが多いです!

そんなときは、その名の通り【コンパクトタイプ(セカンド抱っこ紐)】の出番なんです!
持ち運びに便利なため、体力がなくなった赤ちゃんもラクラク抱っこすることができます。
また、エアリコ抱っこ紐は抱っこ卒業の3歳まで抱っこできるから、大きくなっても安心して使用することができます☆

まとめ

ママと赤ちゃん、2人でいるお家にいることが多い今。
抱っこしたいけど、抱っこ紐の装着に時間がかかるから、全く使用していない!という声もたまに耳にします。
それでは、もったいない!!

シーンで抱っこ紐を使い分け、活用することでママの育児の負担が減ります。
抱っこは、今しかできない期間限定!!
だからこそ、たくさん抱っこを楽しんでほしい!!と後藤は思います。


TOP