十人十色のお産塾|エアリコベビー公式


アカウント


カート

2021.04.15 / 妊娠中期

本当にプラス10kgでいいの?自分に適した体重増加

本当にプラス10kgでいいの?自分に適した体重増加

体重の増加は、妊婦健診でも指摘される項目の1つ。
そのため、体重増加を意識するママたちがとても多いです。
これからドンドン赤ちゃんが大きくなる妊娠中期。

妊娠前の体重から、体重増加の目安を理解し、今後のマタニティライフを愉しく過ごしてくださいね!

妊娠前プラス10kgは古い!

体重の増加量は『妊娠前の体重からプラス10kgくらい』と言われていました。
この10kgは・・・
・赤ちゃんの体重や胎盤・羊水:4.5kg
・子宮・乳房        :1.0kg
・妊婦さんの全身血液増加  :1.5kg
・母体貯蔵脂肪や水分    :3.5~4.5kg

これらを合わせると、10~11kgくらいになります。
そのため、妊娠中の体重増加目安としてプラス10kgと言われていました。
しかし、妊娠前の体格や妊娠中の体重増加量により「妊娠中毒症の発症のリスク」・「赤ちゃんの体重」・「分娩時の出血」など違いがあることが、厚生労働省の調査によりわかりました。
妊娠前の自分の体格から、どのくらい体重増加が望ましいかちゃんと確認しましょう!

妊娠前の体格を知ろう!

まずは、妊娠前の自分の体格を知ることが大切です。
今回は、BIMから自分の適正体重を知り、体重増加の目安にしましょう。
※BMIとは、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。

BMIの求め方

【計算式】
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例えば・・・
体重50kg、158㎝の女性のBMIを求めてみましょう。
BMI=50(kg)÷1.58(m)÷1.58(m)
BMI=20
BMI値20は、「普通体重(ふつう)」です。
※日本肥満学会が定めた基準では、18.5未満が「低体重(やせ)」、18.5以上25未満が「普通体重(ふつう)」、25以上が「肥満」で、肥満はその度合いによってさらに「肥満1」から「肥満4」に分類されます。

自分の体重増加量をチェック

このBMI値により目安とする増加体重が異なります。
※妊娠前の体重で判定されたBMI値です。
– 「低体重(やせ)」・・・・・9~12kg
– 「普通体重(ふつう)」・・・7~12kg
– 「肥満」・・・・・・・・・・個別対応

BMI値により体重の増加が異なるのは、妊娠前と分娩直前の体重の差
標準体重が一番病気になりにくい状態で、健康体と言えます。

25以上は、妊婦糖尿病や妊娠高血圧症候群などのリスクが高まります。
逆に18.5未満は、病気にかかりやすい状態です。
また、切迫早産、早産、低出生体重児(出生体重が2500g未満)を出産するリスクが高まります。
そのため、妊娠前の体格から自分の体重増加をしっかりと把握し、管理することがとても大切です。

1週間あたりの体重増加量

BMIで「低体重(やせ)」、「普通体重(ふつう)」の方は、妊娠中期から後期における1週間あたりの増加量は「500g」を目安にしましょう。
また、「肥満」の方は、個別対応となります。

からだは一気に体重が増加するという変化に耐えられないようにできています。
体重増加という「からだの変化」が一気に起きる激変に弱いのです。
そのため、1週間あたり「500g」を超える体重増加は避けましょう。

適度な運動や食生活を意識して、急激に体重が増加しないように心がけてください。

出産に向けて


妊娠中は、つわりの症状が悪化した「妊娠悪阻(おそ)」、妊婦糖尿病や妊娠中毒症など、妊娠がきっかけで発症する病気があります。
※「妊娠悪阻(おそ)」とは、つわりが悪化し、脱水症状や栄養代謝障害など引き起こした状態のこと

体重増加量も気にしなければならない1つの指標です。
自分の体重増加量を把握し、出産まで健康で過ごしましょう!

・・身長が約158㎝の方をモデルにしてお伝えしていきます・・
妊娠前に「無理なダイエット」をして体重が40k前後だった方は、BMIでは「低体重」と判定されます。
出産までに10kg増加しても50kg前後と健康的な女性の「普通体重」にしかなりません。
体力勝負と言われる出産で、頑張ることができるでしょうか?
また、切迫早産や、早産などのリスクが高まります。

反対に70kg前後だった方は、BMIから体重増加については「個別対応」になります。
「妊娠したらプラス10kgの増加!!」と、思い込んでしまい、10kg増加してしまうと出産時は80kg前後になります。
これでは、赤ちゃんが通る産道にも脂肪がつき過ぎてしまい、赤ちゃんが生れ出ることが難しくなってしまいます。
また、妊娠高血圧症候群などの病気のリスクが高まります。

出産まで健康に過ごすためには

体重増加について、指導を受けないように日ごろの体重管理や食事の内容にも注意を払いましょう。
また、妊娠前から理想的な体重を把握することも大切です。
ママと赤ちゃんのために、自己管理がとても大切です。

まとめ

BMIから妊娠前の自分の体格を知り、出産までに必要な体重増加量を把握しましょう。
また、妊娠前の体格により出産や妊娠中に病気が発症しやすくなるリスクが高くなることがあります。
そのため、体重増加について指導を受けないように体重管理や食事の内容にも注意してくださいね!

何より、妊娠前から自己管理、体調管理をしっかりとして健康的な体を維持しましょう!
大切な赤ちゃんがスクスクと成長し、元気な赤ちゃんに逢うために自己管理が大事です。


TOP