正しい授乳姿勢で母乳トラブル予防|母乳トラブルを予防する授乳クッションの公式通販【エアリコ】

News

Nursing Pillows

母乳育児の
成功の秘訣は
授乳姿勢にあり。

母乳を上げる際に正しい姿勢を保つことで、
母乳トラブルを大幅に減らすことができます。
エアリコの授乳クッションは、赤ちゃんを高い位置でキープし、
正しい授乳姿勢を続けることができます。
これは同時に赤ちゃんの飲みやすさ(飲みっぷり)にもつながります。

授乳をしているお母さん

正しい授乳姿勢を
保つことが、
授乳育児
成功のポイント。

赤ちゃんと母乳の位置が離れていると、赤ちゃんにとって飲みにくい姿勢となります。
おっぱいを飲むことは、赤ちゃんにとっては大変な重労働です。
赤ちゃんが疲れてしまうと、飲む速度が遅くなったり、飲むことを休憩(そのまま寝てしまったり)してしまうのです。
赤ちゃんの口の近くにおっぱいの位置をキープし続けることが大切です。
正しい授乳姿勢を保つことが、授乳育児成功の最初のポイントです。

母乳を飲んでいる赤ちゃん

正しい姿勢が
母乳の出やすさを
左右する。

正しい姿勢が
母乳の出やすさを
左右する。

母乳は、乳腺から乳管を通って運ばれますが、姿勢が悪いと乳管を圧迫し、母乳の出が悪くなります。
背筋を伸ばして、乳腺・乳管を圧迫しないようにしましょう。

授乳クッションに横になる赤ちゃんとママ

正しい姿勢を
保つコツ

正しい姿勢を
保つコツ

ソファなどに深く腰掛けるとどうしても前かがみになりがちになります。
正しい姿勢を保つために、硬めの椅子に浅く座るか、床にあぐらをかくと自然と背筋が伸びて、正しい姿勢を取りやすくなります。
背筋を軽く伸ばして、胸を張るイメージをしてみてください。

助産師推奨の
授乳クッション

正しい授乳姿勢を保つために、適切な高さの授乳クッションがおすすめです。
赤ちゃんを乗せて潰れるようなクッションや高さが足らないクッションは、正しい姿勢を保つことが難しくなります。
エアリコの授乳クッションは、高さが20cmほどあり、赤ちゃんの重さをしっかりと支えるため、
赤ちゃんがクッションに沈み込みません。

快適な授乳は
母乳トラブルの
予防にも

授乳がうまくいっているときは母乳トラブルも軽減されます。
母乳がたくさん飲まれる、新しい母乳が作られる、母乳がたくさん飲まれる・・・
母乳のサイクルがうまく回ることで、乳腺炎などのトラブルが予防される効果があるともいわれています。
母乳育児を成功させるためにも、良い授乳クッションを選びましょう。

母乳トラブルのない女性イメージ

NEXT 長時間授乳も快適 購入へ